eps_r

不思議の謎を解かねばならぬ

Stablebit DrivePoolでWindowsのHDDを雑に連結しよう

3.5インチベイが10個もあれば、費用はともかく箱ひとつで80TB近いストレージを作れる時代になりました。

80TBとは行きませんが、自宅のデスクトップPCのストレージが10TBを超えたのをきっかけにCovecube社のStablebit DrivePoolというソフトを買い足した(※何年か前からWindows Home Server 2011で使っている)のでそんな感じの記事です。

なお、この記事にCovecube Incに関係するアフィリエイトとかは特にありません。紹介ボーナスとかもないです。

DrivePoolとは

A state of the art disk pooling application with file duplication. (ファイル複製機能を備えた、最先端のディスクプール化アプリケーション)

f:id:appalerm:20150723234405p:plain

容量のまちまちなドライブを連結して、仮想ストレージを作るソフトです。

また、仮想ストレージ内のファイルを多重化してドライブの障害に備えることができます。

先に「買い足した」と書いたとおり、30日間のトライアル期間のある有料ソフト($29.95)です。さらにS.M.A.R.T.監視やドライブ暗号化とかクラウドストレージ管理とかの付いたバンドル版は$54.95。2ライセンス目からはバラ売りが半額らしいです。

特徴

RAIDや記憶域スペースよりもDrive Extender(Windows Home Server初代)やVVAULTに似てると言えば、知っている人には分かりやすいかもしれません。

だいたい下記のような特徴があります。

Windowsに仮想のドライブレター(プール)を作成する

f:id:appalerm:20150723235753p:plain

8TBから160GB(SSD)まで何本か連結して12.4TBのストレージプールを作った様子です。

プールに参加したパーティション(以下物理ドライブ)の方はドライブレターを消して不可視にしてもいいので、物理的に何本ドライブがあっても見かけ上はシステムドライブとデカいデータドライブだけ、という運用もできます。

「デカいデータドライブ」であるところの仮想ストレージプールをどこまで大きく作れるかについては、事実上無制限でペタバイト級であるとドキュメントには書いてあります。

The 16TB NTFS limit does not apply to StableBit DrivePool. Microsoft Windows does have an internal limit of many petabytes, which is more than you'll even need.

プールに参加した物理ドライブのファイルシステムを保ったまま、ファイルを分散配置する

f:id:appalerm:20150723235319p:plain

ひと目にわかりにくいですが、ストレージプールに参加した元のドライブ C: にPoolPartフォルダが出来て運用中のファイルとフォルダが格納されている様子です。

こうした動作により、下のような特徴を持ちます。

  • 運用中のドライブだろうがシステムドライブだろうが外付けだろうが、既存のファイルに対して退避や破壊をせずに一瞬でストレージプールに参加できる(最初の円グラフの灰色部分"Other"がそれで、プールの管理外の既存ファイルです)
  • 各物理ドライブにはブロックやパリティではなくフォルダ構造とファイルがそのまま記録されるため、各ドライブのPoolPartフォルダを確認すれば救出できる(ソフトやOSが破壊されても、物理ドライブのファイルシステムが生きていれば救える)
  • 物理ドライブ追加時にリビルドが発生しない(再バランスはある)
  • 各物理ドライブの容量を揃える必要がない

複製対象のフォルダや複製する数、書込み先のドライブなどをコントロールできる

f:id:appalerm:20150724001133p:plain

フォルダ単位の複製有無と複製数

f:id:appalerm:20150724001415p:plain

「このフォルダは特定の物理ドライブに置きたい」というコントロール

f:id:appalerm:20150724001720p:plain

SSDを一次書き込み先に使い、時間差でHDDにファイルを移すという階層ストレージ的運用のできるSSD Optimizerプラグイン

f:id:appalerm:20150724003830p:plain

「寿命のやばそうなドライブには複製しか置かない」「熱いドライブには新規ファイルを作らない」などの設定(別途Stablebit Scannerによる常時監視が必要)

などの制御がききます。

できない事、弱いところ

  • 定期的にバランシングジョブ(容量の均一化)が走り、その間はパフォーマンスが落ちることがある
  • OSの起動ドライブにはできない
  • シャドウコピー、およびシャドウコピーを利用したファイル履歴は利用不可(家の環境ではWindows Backupの保存先にすると正常終了しません)
  • 記憶域スペースの「事前に大容量の仮想ストレージがあることにする」機能は無い
  • 書き込みにストライピングが利かない(多重化されていれば読み込みはストライプする)

こんな人によいのでは

  • Windowsで大容量のドライブを扱いたい
  • Windowsでドライブレターのことを考えたくない
  • HDDが複数繋がっていて管理がめんどくさい
  • 手持ちのHDDの容量がバラバラ
  • 手持ちのHDDに既にファイルがいっぱい配置されている

私です。

RAIDカードの価格と故障リスクを支払って得られるパフォーマンスにあまり興味が無くて、それよりはプールとドライブの切り離しが双方にとって自由であることで容量の融通や故障対応の際に便利かなあという選択基準ですね。

ここまで書いといて何ですが、Windowsにこだわりがなければzfsとかの方がいいと思います。

最後に

このソフトの多言語対応はユーザー任せで編集されているのですが日本語化は遅れています。

リソースの翻訳は先人がもうちょっとで完了というところまで進めてくださっており、投票マークを付けることで進む(らしい)承認プロセスは全然なので、どちらかに興味のある方が参加してくださると助かります。